色々

「月灯り」

夜の中の夜の時刻、

やけに明るいなと窓から

空をのぞくと

月がたくましく照らしている

とても太陽の力だけで

光ってるとは思えない。

月も恒星であるかのように

強く輝いている。

人も同じかもしれないと思った

誰かに照らされてるからこそ

自分が輝けるのだ。

そしてその光で光を返したり

また違う誰かを

照らしてリレーしていく

太陽から月に

月から僕に光りが届くように

僕もこの光りを

停めてはいけないんだ

自分自身の信じるやり方で

誰かに届けなくちゃいけない。

月夜は

素直な気持ちと

自分の弱いところを

照らされ己を知る時間です。

きむ