言葉

「誰かを想うこそ」

新しい言葉が

生まれるときはいつも

誰かを想って

心を動かしている

自分のためじゃなくて

誰かのために生きることが

幸せは多いように想う

嬉しいことは増えるように想う

誰かを想って

大切な人を想って

自分を生きる

言葉はそこから生まれる。

きむ