色々

「ある出逢い」

誰かが誰かを想う気持ちを

幸せと呼んでいる作家に出逢う。

彼は自分の

描きたい絵を探し求める中で

幸せと呼べる幸せが

いかに人にとって大事なもので

愛しいものなのだということに

気づいたそうだ。

描きたいものを

みつけた作家の芯は強い。

それでいて、

しなやかに吸収して育つ。

彼は曇なき眼で

人が生きる素晴らしき毎日に

光りを照らして

素直に幸せを描いて行くのだろう

そんな一人の作家の

これからが広がる可能性が

すごく楽しみになって

幸せな気持ちに出逢えた今日。

本当に感謝。

本当に嬉しい今日!!

きむ