言葉

「3月11日」

震災から5年目の朝

窓をあけると

優しい朝が始まっていて

僕は

ゆっくり呼吸する

生きていること

活かされていること

大切な人を思えること

本当にありがたく愛おしい気持ちが

心の真ん中からあふれてくる

ただ、そう思えば思うほど

自分はまだまだ

震災と向き合いきれていないと

申し訳ない気持ちになる

今を生きることに精一杯で

出来ることが出来ていなくて

悔しい気持ちになる

5年目の朝の呼吸は

僕にとって幸せでもあり苦くもあり

今の自分自身そのままの空気だった

3月11日

今の自分に納得できる自分に

いつなれるかは分からないけど

明日に向けて

進んで行こうと思います。

きむ