あんな涙は
絶対にもう流さないように
もう一度
自分を信じてみよう
もう一度
夢を信じてみよう

僕が僕であるために
自分で自分を誇れるように

きむ