言葉

「今日は」

嬉しいことが

あった日に

どれだけの人に

ありがとうって言えるかな

哀しいことが

あった日に

誰のまえなら

哀しいって涙できるかな

ありがとうって言える人は

多ければ多いほど嬉しいだろうな

ちゃんと感謝できる人がいるってことも

すごく自分の力になっている

哀しいって言える人が

3人いてくれたら心強いだろうな

聞いてほしい哀しみが

3人によって内容が違うかもしれないけど

自分の弱い心の音を伝えていい人が

いてくれてることも自分の力になっている

人は一人じゃ生きていけない。

日々その感謝を胸に今日も生きる。

きむ