言葉

「道」

主観と客観の中。

夢と現実の狭間。

過去と未来と今。

進める道は一つ。

きむ